就労ビザ申請

短期滞在ビザをまるごと解説/観光・親族訪問・商用など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
短期滞在ビザのイメージ

短期滞在ビザとは

このページの要約

このページでは短期滞在ビザの審査のポイントを解説する。短期滞在ビザは招へい理由書の作成が極めて重要だ。短期滞在ビザの目的は観光、親族訪問、商用など様々だが、入官の審査ポイントを知ったうえで疎明資料を作成することが重要だ。またこのページの最後では短期滞在ビザの必要書類や更新許可申請書の書き方についても説明をしている。

短期滞在ビザとは外国人が日本に一時的に滞在するためのビザのことである。滞在する目的は様々だ。短期滞在ビザは観光ビザや親族訪問ビザとも呼ばれている。

短期滞在ビザで来日する場合は外国人の本国にある日本大使館などで短期滞在ビザの発給を受ける必要がある。ただし、ビザ免除国に該当する場合は短期滞在のビザをとらずに来日することができる。

ビザ免除国一覧

短期滞在ビザの滞在目的

まずは出入国管理及び難民認定法の別表第一の三をみてみよう。短期滞在の活動がかかれている。

本邦に短期間滞在して行う観光、保養、スポーツ、親族の訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動

引用 出入国管理及び難民認定法

短期滞在ビザで滞在する目的は様々だ。具体的な活動は以下のようなものがある。

  • 観光目的
  • 保養、療養、病気治療のため
  • アマチュアスポーツ大会やコンテストなどへの参加
  • 知人や友人、親族などを訪問するため
  • 見学や視察のため 
  • 講習や説明会への参加
  • 無報酬の講義や講演をするため 
  • 商談や市場調査又は宣伝するため
  • インターンシップ 
  • その他、収入や報酬を受けることのない活動のため

審査のポイント

短期滞在ビザの審査ポイントは3つある。

1.報酬の有無

短期滞在ビザは収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動はできない。来日後の活動内容に報酬の受け取りがあるかどうかを審査される。

2.活動内容の信ぴょう性

短期滞在ビザは日本に来日する手段として認定などと比べると比較的簡単な手続きである。そのため良くも悪くもたくさんの外国人が来日するため、外国人が日本で行う活動に十分な信ぴょう性が認められることが必要である。信ぴょう性を確かめる例としては次のようなものがあげられる。

①観光の場合

  • 日本での宿泊先が証明できるもの
  • 滞在予定表など

②親族訪問など

  • 招へい理由書
  • 滞在予定表
  • 親族との関係を証明するもの
  • 身元保証人の住民票
  • 身元保証人の納税・課税証明書など

③商用の場合

  • 招へい理由書
  • 滞在予定表
  • 所属機関の営業許可書の写し
  • 登記簿謄本
  • 商談資料
  • 企業間の契約書など

補足 

短期滞在ビザは原則他の在留資格には変更ができない。また病気などのやむを得ない場合を除いて更新もできない。あくまでも日本に一時的に滞在するためのビザである。しかし、短期滞在ビザは認定などと比べると手続きが簡易的であるため、来日するための手段として悪用されるケースがある。いわゆる不法就労目的での来日である。そのため入国管理局では短期滞在の在留目的に正当性があるか十分に審査する必要がある。

3.滞在期間

滞在期間は90日若しくは30日又は15日以内の日

申請書類と必要書類の一覧

申請人の申請書類

  1. ビザ申請書
  2. 本人の顔写真
  3. 本人の旅券
  4. 招へい理由書
  5. 身元保証書
  6. 滞在予定表

身元保証人の必要書類

  1. 住民票
  2. 在職証明書
  3. 納税・課税証明書

※滞在目的や申請人によって必要書類は異なる点に注意。

短期滞在ビザの在留期間更新許可申請書の書き方について

短期滞在ビザでは原則延長はできないが、イギリス、ドイツ、スイスなどの一部の国では6ヶ月以内の滞在が認められている。これらの国の外国人は90日を超えて滞在する場合には入国管理局において在留期間更新手続きを行う必要がある。

まずは短期滞在(更新期間許可申請書)をダウンロードしよう。

短期滞在更新(記入例1)

短期滞在更新(記入例2)

短期滞在更新(記入例3)

短期滞在ビザの記入例

まずは申請書1ページ目の1~16の項目は在留資格変更許可申請書の記入例で説明しているので参考にしてほしい。

次に申請書2ページ目の説明をする。今回は観光の滞在目的のケースを前提に書く。

17 観光にチェックをいれる。

18 観光した場所を記入する。例えば観光目的で東京に滞在していた場合は「東京にて観光」と書く。

19 今後の観光する地名を記入する。例えば、「京都にて観光」と書く。

20 出国する予定日を書く。また、「成田」などの予定港名を書く。

21 航空券があれば有にチェックし便名を書く。

※ なお、更新する際は帰国する際の航空券のコピーを添付資料として提出したほうがいいだろう。

22 所持金を書く

最後に申請人が自署する。

以上が短期滞在ビザの全容だ。是非あなたのビザの申請に役立ててほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加