在留資格

在留資格認定証明書交付申請書 記入例【家族滞在】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
在留資格認定証明書イメージ

在留資格認定証明書とは

このページでは在留資格認定証明書交付申請書の書き方を説明する。

在留資格認定証明書交付申請とは海外にいる外国人が初めて来日するための申請である。日本にいる外国人が自身の家族などを来日させるために利用したりするもので申請が許可されると在留資格認定証明書が交付される。

在留資格認定証明書

外国人が来日する場合は査証の発給が必要である。海外で査証を申請すると発給までに時間がかかる。それは海外の日本大使館等から外務省、法務省、入国管理局を経由するからだ。しかし、在留資格認定証明書交付申請は直接日本の入国管理局に申請するので早く結果がでる。

申請が許可されると在留資格認定証明書が発行される。在留資格認定証明書は日本で審査がされ問題ないと判断されたという証明である。そのため海外で査証を申請する際に在留資格認定証明書を添付すると早く査証が発給されることになる。

家族滞在ビザで配偶者を来日させる

日本での生活に慣れてきたら家族を呼び寄せる選択肢もある。ここでは海外から家族を呼ぶ方法を説明する。

まずは在留資格認定証明書交付申請書をダウンロードしてほしい。このページでは家族滞在ビザについて説明する。

家族滞在とは夫や妻の扶養をうける者が該当する在留資格である。例えば、夫が日本で働いており、扶養能力があると判断された場合にその妻や子供に対して与えられる在留資格である。家族滞在は扶養する側が就労していることが前提とされているが、扶養能力さえあれば「留学」などの非就労資格でも認められることがある。

参考:

詳しくは家族滞在ビザの申請・必要書類を確認しよう。

在留資格認定証明書交付申請書の記入例【家族滞在のケース】

それでは在留資格認定証明書交付申請書の書き方を説明する。ここでは家族滞在について書かれている。在留資格が違うと書き方も違うので注意してほしい。

在留資格認定証明書交付申請書(記入例1)

在留資格認定証明書交付申請書(記入例2)

在留資格認定証明書交付申請書(記入例3)

まずは必要事項を記入していく。在留資格認定証明書交付申請書の書き方は日本にいる者とこれから在留資格をもらう海外の者を混同しないことがポイントだ。このページでは夫が日本で働いていて海外にいる妻を来日させることを仮定して話をすすめていく。実際の申請は夫が日本で申請することになるが、妻の代理という形になるので、申請人はあくまで妻になる。よって、3の氏名は妻の名前を記載する。

9の日本における連絡先には夫の住所を書いても差し支えない。妻はこの時点では海外にいるので日本に住所などがないためだ。携帯電話番号なども同様だ。

基本的には住所やパスポートナンバーを記載していくだけだが、他の注意点についても説明しているので参考にしてほしい。

11の入国目的は家族滞在にチェックをいれる。

12は入国予定日を書く。結果がでるまでに1~3ヵ月はかかることを想定して、入国予定日は申請日の1~2ヵ月後くらい先を想定して記載する。

13の上陸予定港には空港の名前を書く。成田から入港する場合は「成田」と書く。

14の滞在予定期間は何か理由がない限り「無制限」と書く。

16の査証申請予定地は本国(外国)で査証を申請する場所を書く。

17は申請人が過去に来日したことがあれば「有」になる。

18、19は犯罪に関わることなので普通の人は「無」になる。

20には在日親族の名前などを書く。今回のケースでいうと日本に在留しているのは夫なので夫の名前を書く。

在留資格認定証明書交付申請書(記入例4)

在留資格認定証明書交付申請書(記入例5)

21の婚姻、出生又は縁組の届出先及び届出年月日を記載する。今回のケースでは婚姻の届出先と年月日を書くのがいいだろう。日本で婚姻の届出をしていなければ本国等届出先のところだけ記載すればいい。

22の滞在費支弁方法は夫が面倒をみる場合「親族負担」にチェックをいれる。

23には申請人(妻)及び法定代理人(夫)のどちらが書いてもいい。通常はこの申請書は夫が作成していることが多いので夫の名前や住所などを書く。その場合は下段の署名も夫になる。

在留資格認定証明書交付申請書(記入例6)

在留資格認定証明書交付申請書(記入例7)

1には妻の名前を書く。

2は夫の名前を書く。申請人との関係は夫にチェックをいれる。次に勤務先情報を記入し年収を書く。この年収が少ないと扶養できると認められないケースがあるので注意しよう。

最後に夫が署名及び押印する。

以上が在留資格認定証明書交付申請書の記入例である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加