在留資格

在留期間更新許可申請書 記入例【日本人の配偶者等】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
在留期間更新許可イメージ

在留期間更新に必要な注意点と申請書の記入方法を解説

せっかく新しい在留資格に変更できたとしても更新できなければ意味がない。在留資格の期間ははじめは原則1年なので1年ごとに更新する必要がある。

このページでは更新に必要な注意点を解説しながら申請書の記入方法をアドバイスしたい。

まずは在留期間更新許可申請書をダウンロードしてほしい。このページでは日本人の配偶者等について説明する。

更新は変更時の要件が継続しているかに注意する

在留期間更新許可を申請するときに最も注意することは何だろう?

申請人はおそらく何かしらの在留資格から今回の在留資格に変更になっていると思う。今回のケースでいえば何かしらの在留資格から日本人の配偶者等に変更になっているわけだ。

在留資格の変更はそれぞれの在留資格に必要な要件をクリアできていなければそもそもできない。入国管理局が更新でチェックする点はその要件が現在もクリアできている(継続できている)かについてだ。

日本人の配偶者に必要な要件の例

  1. 申請人が入管法上の届出義務をしていること
  2. 公的義務を履行していること
  3. 子がいる場合は子に義務教育を受けさせていること
  4. 主たる生計維持者が納税していること
  5. 婚姻関係が継続していること

まず大前提に申請書の内容で変更のない内容は前回書いたものと同じものを書こう。前回申請した内容と異なる情報を記入してしまうとそれだけで不許可事由に該当することも考えられる。

特に履歴書などは適当に書く外国人が多い。例えば、技術・人文知識・国際業務の在留資格などは学歴が在留資格の要件であるため履歴書は非常に重要である。履歴書一つで不許可になることもあるため申請内容は申請の度に異ならないように注意しなければならない。

1. 申請人は勤務先の変更などがあれば入国管理局に届出しなければならない。この届出に関してはやっていない外国人のほうが多いのが現状だが、要件の1つに該当しているためやっておいたほうが賢明だろう。

5. 婚姻関係とは法律的な婚姻関係だけではなく同居や互いに意思疎通ができているなど、夫婦生活においての実質的基礎が必要であるとされている。

重要なことを簡単にまとめると以下のようになる。

  • 申請内容は申請の度に異ならないようにする
  • 勤務先などに変更があれば入国管理局に届出する
  • それなりの収入がある
  • 税金に未納がない
  • 一般的な婚姻生活をしている など

在留期間更新許可申請書 記入例【日本人の配偶者等のケース】

次に申請書の書き方を解説する。このページでは日本人の配偶者等のケースだ。在留資格が違うと書き方も変わるの注意してほしい。

申請書の1ページ目

在留期間更新許可申請書(記入例1)

在留期間更新許可申請書(記入例2)1ページ目は必要事項を記入していけばいい。注意事項は在留資格変更許可申請書の記入例で説明しているので参考にしてほしい。

更新の理由は例えば「引き続き夫(妻)の〇〇と婚姻生活を継続するため」などと書く。

続いて2ページ目の解説をする。

在留期間更新許可申請書(記入例3)

在留期間更新許可申請書(記入例4)

17は現在の申請人の身分にチェックを入れる。現在の地位が日本人の配偶者であれば日本人の配偶者にチェックを入れる。

18は婚姻、出生又は縁組の届出先と届出年月日を書く。日本人の配偶者であれば夫(妻)との婚姻を届出した役所名や年月日などを書く。

19は申請人が働いてる場合は勤務先情報を書く。

20の滞在費支弁方法には申請人が日本で生活するために必要なお金を負担している者の欄にチェックを入れる。申請人自ら滞在費を支払っている場合は「(1)支弁方法及び月平均支弁額」の本人負担にチェックを入れて金額を書く。後述する身元保証人が支払っている場合は同じく「(1)支弁方法及び月平均支弁額」の身元保証人にチェックを入れて金額を書く。

一般的にはこの2つのどちらかになるケースが多いが、海外からの送金や携行で生活をしている場合は適時該当項目にチェックを入れる。

最後に3ページ目の解説をする。

在留期間更新許可申請書(記入例5)

在留期間更新許可申請書(記入例6)

21には扶養者情報を記入する。申請人が女性であれば日本人である夫の情報を記入しよう。万が一夫がいなければここは空欄になる。しかし、扶養者がいなければ通常は自分で生活費を稼がなければならないので入国管理局は「ちゃんとやっていけるのか」と審査が厳しくなる。20の滞在費支弁方法が本人負担の場合は相応の収入がなければならない。

22は身元保証人の情報を記入する。身元保証人とは申請人が日本で何か問題を起こした時に面倒をみる人のことだ。身元保証人は金銭的な部分はもちろん申請人の日本での素行や生活態度などもしっかり面倒みるべきだ。通常は扶養者と同一人物になることが多い。万が一扶養者がいなければ日本人の友人などになってもらう。ここは21とは違い空欄ではまずい。

最後に申請人が自署する。

以上が在留期間の更新に必要な注意点の解説だ。

あなたの更新の際に是非役立ててほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加