在留資格

在留資格変更許可申請書 記入例【技術・人文知識・国際業務】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書類作成イメージ

在留資格変更許可申請書の記入例

在留資格の変更はとても慎重にしなければならない。なぜなら万が一変更できなかった場合は申請人が帰国しなければならないケースもあるからだ。ここに書かれた記入例を参考に在留資格の種類やそれぞれの活動内容を把握して慎重に手続きを進めていくことが重要だ。

それでは在留資格変更許可申請書の書き方を解説する。在留資格の変更といっても在留資格の種類によって申請書の様式は異なる。しかし、基本的な書き方は変わらないので、ここで書かれた記入例を参考に在留資格変更許可申請書の作成にチャレンジしてほしい。

在留資格変更許可申請書のテンプレートがダウンロードできる。

在留資格変更許可申請書の記入例 【技術・人文知識・国際業務のケース】

申請書の1ページ目

まずは申請書の1ページ目を解説する。入国管理局に提出する申請書はなるべく空欄を作らないようにする。例えば携帯しかなく固定電話がない場合は9の電話番号の欄は空欄にするのではなく「なし」と書く。

在留資格変更許可申請書(記入例1)

一番上の空欄には提出する入国管理局の名称を記入する。東京の入国管理局に提出する場合は「東京」と記入する。

写真は提出の日前3ヵ月以内に撮影された写真を貼る。

5の出生地は申請者が生まれた場所のことである。ManilaならManila市と書く。

8の本国における居住地とは申請者が本国に帰った時に所在する場所のことである。5と8の関係は大阪生まれ東京育ちみたいなイメージだと分かりやすいのではないか?

9の住居地は住民票や在留カードに記載してある通りに記入する。稀に住所が変更になっているのに前の住所のままになっている場合がある。その場合は住民票などを変更してから申請するほうが賢明だ。

在留資格変更許可申請書(記入例2)

13の希望する在留資格は新しい在留資格を書く。例えば現在留学の在留資格から就職などを機に技術・人文知識・国際業務の在留資格に変更する場合は13には技術・人文知識・国際業務と書く。

在留期間は希望する在留期間を書く。

14の変更の理由には変更する理由を書く。例えば就職などを機に変更する場合は「就職したため」などと書く。

16の在日親族には日本にいる申請人の親族を書く。例えば申請人の両親が日本にいる場合は両親の名前や在留カード番号などを書く。また、申請人が日本人と結婚している場合などは相手の名前も書く必要がある。

次に申請書の2ページ目を解説する。

在留資格変更許可申請書(記入例3)

17の勤務先には就職した勤務先情報を記入する。18と19の学歴に関しては該当するところにチェックを入れる。

在留資格変更許可申請書(記入例4)

21の職歴は書ききれない場合は別紙にまとめても問題ない。

申請人の署名は必ず自署で書くようにする。

次に申請書の3ページ目を解説する。

在留資格変更許可申請書(記入例5)

3ページ目と4ページ目は企業サイドの情報を書く。

1の雇用又は招へいしている外国人の氏名及び在留カード番号は企業からみて雇用している外国人、つまり申請人の氏名と在留カード番号を書く。事業内容は該当するところにチェックをいれる。

在留資格変更許可申請書(記入例6)

3の就労予定期間は短すぎるとよくない。あくまで日本人を雇用する時のように採用することが前提である。

同じ理由で給与は安すぎないように注意しよう。

7の職務内容は申請人が職務する内容にチェックを入れる。外国人は働ける職務内容が限定されているので注意が必要だ。申請人の学歴や職歴などを参考にする。

技術・人文知識・国際業務の在留資格ではどんな職務ができるのか?この辺の知識も必要になる。

最後は申請書の4ページ目を解説する。

在留資格変更許可申請書(記入例7)

4枚目は人材派遣会社などが記入するところなので自社で申請人を雇用する場合は記名及び押印のみする。

勤務先の名称と代表者氏名を記名する。最後に会社の代表印や個人印で押印する。

以上が在留資格変更許可申請書の書き方だ。今回は技術・人文知識・国際業務のケースを例にしたが、在留資格ごとに注意点は違う。在留資格ごとに注意点を意識し慎重に手続きを進めてもらいたい。

参考:就労ビザの要件をまるごと解説